親権のためのタダラフィル・夫としての努力

ED(勃起障害)は本人にとっても辛いものですが、パートナーにとっても辛いものです。
最近では不妊の原因として、男性のEDも指摘されています。女性では着床環境が整わず、妊娠に至らないケースが多いです。
親になりたい、親権を得たいというのであれば、まずはEDから脱出しなければなりません。軽度のEDであれば、タダラフィルなどの治療薬が効果を発揮してくれます。タダラフィルはシアリスのジェネリック医薬品で、シアリスよりも安価に入手出来る可能性が高いです。
ジェネリック薬を使う時の注意点ですが、先発品とは若干効果が異なる事があるという事に注意しておきましょう。ジェネリックは特許が切れた事で開発した会社以外のメーカーも作れるようになっていますが、特許の種類によっては製造権は承認されているけれども、細かい開発や錠剤の形などの製剤特許などは許されていないものもあります。
また、先発品よりも、ジェネリック薬だと効果が弱くなってしまう事もあります。有効成分の量などは同じですが、効き目が弱くなってしまう理由は、思い込みによるものです。「ジェネリックは後発品でコピー商品なので効き目がないのでは」という疑いによって効き目が弱く出る事があります。思い込みによって薬の効果が強く出るのはプラセーボ効果と呼ばれますが、まさにその逆の現象です。ジェネリックを使うメリットは価格が安く済むところですが、それで効果がでなければ元も子もありません。また、ジェネリックの中には偽物が出回っている事も多いので、個人輸入で購入する時には十分注意しましょう。
夫としてのプライドを保つためにも、ED治療薬をうまく使って不妊症を解決していきましょう。