タダラフィルの働きと特徴

タダラフィルとは薬の成分名で、様々な作用・効果があります。
肺動脈性肺高血圧薬の場合はアドシルカ、前立腺肥大症の治療薬の場合はザルティアで、勃起不全の改善薬の場合はシアリスという薬品名になります。

タダラフィルはホスホジエステラーゼー5阻害薬(PDE5阻害薬)と呼ばれます。
体内には筋肉を弛緩させるための機構があり、これには一酸化炭素(NO)が関与しています。
一酸化炭素は通常気体で存在しますが、生体内では筋肉の弛緩という役割を担っています。
一酸化炭素が作用すると筋肉を弛緩させる物質が体内で作られます。
この筋肉を弛緩させる物質をcGMPと呼びます。cGMPは酵素によって代謝されてその作用を失います。
この酵素がホスホジエステラーゼー5です。
ホスホジエステラーゼー5を阻害すればcGMPが代謝されなくなり、筋肉を弛緩させる作用が強くなります。
これがタダラフィルの作用なのです。

この作用により血管の筋肉を弛緩させ、血管を広げて肺動脈性肺高血圧の治療に使われています。
また前立腺の筋肉を弛緩させることによって尿道の通りを改善し、前立腺肥大に伴う排尿障害を治療します。
血管の筋肉を弛緩させることで、陰茎の血流を改善することで勃起不全の改善にも効果があります。
それぞれ、改善したい症状によって1回の服用量が変わります。
薬の半減期が長いのも特徴で食事の影響を受けにくいため、飲む時間にそれほどこだわらずに長時間の安定した効果があります。

タダラフィル以外にバルデナフィルも大変人気です。バルデナフィルが成分の薬にはレビトラやバリフがあります。
シアリスは効果が長続きすることで人気ですが、レビトラの人気の秘密は即効性にあります。
効果の出現時間が早いため、飲み遅れたとしてもすぐに効果が出てきますので、使いやすいのがメリットですので、試してみると良いでしょう。

また、タダラフィルは硝酸剤一酸化窒素供与剤の併用で降圧効果が増強し過度に血圧を降下させるため、狭心症や心不全の治療薬を服用している人には使うことはできません。
他にも併用すると血圧降下を促進させる場合もあるので、慎重投与になります。
過去に併用して死亡した例や心筋梗塞などの重篤な心血管系の有害事象もあるので注意が必要です。

■この薬も人気です
フォーゼストの口コミ